くつしたぬいぐるみ55pup

くつしたでできたポップなぬいぐるみ「ソクモン」

因幡の白兎って、どんなだったっけ

   

ART HOUSEさんで毎年年始あたりに開催されている楽しいイベント
「しりとりアート駅伝」に今年も参加しました!
70名以上の作家さんのいつもと違った作品が一堂に拝見できて、とても贅沢なイベントでした。

わたしは昨年の展示会の動画でお世話になった中村古都子さんからお題をいただき、
「因幡の白兎」をくつしたぬいぐるみで作りました!

日本の神話といっても、うさぎさんが皮を剥がれてその上塩水をかけられる……みたいな残酷なシーンしか覚えていなかったわたしは、
お題を聞いたとき正直、うわーどうしよう!?ってなりました。
調べてみると、うさぎさんもちょっとやんちゃなやつで、島の向こう側に渡るのにわに(サメ)さんたちをだましたので、怒られたのでした。
そのちょっとコミカルなシーンを再現してみました。

わにさんは真っ白と青い縞の2種類の靴下で作っています。口を悔しそうに歪めてるところがポイント!
うさぎさんはわにさんで余った白い靴下で作っています。なまいきそうな表情に。

ストーリーをぬいぐるみで表すのは結構大変でしたが、楽しかったです!

展示中白い壁にうさぎさんがうもれるので、ART HOUSEのオーナーさんのおすすめで簡単な背景をつけました。
青い画用紙に白ペンで波と雲を描いただけですが~
キャプションの線画は新しい作品を作る時に下書きとしていつも描いているものです。
そっくりにできたかな??


 - イベント, 展示会